• トップページ
  • 窓ガラスの吸盤・ラベル・手あか跡のクリーニング方法のご紹介

窓ガラスの吸盤・ラベル・手あか跡のクリーニング方法のご紹介

キイロビン120

ガラスについて吸盤、ラベル跡の写真

窓ガラスが曇ったり、水で濡れた時に、ガラス表面に付いた吸盤やラベルなどの跡が浮かび上がり、通常のクリーニング剤で除去できない場合があります。この場合には、「自動車ガラス専用の研磨剤」で除去することができますので、一例をご紹介いたします。

商品名

自動車ガラス専用研磨剤「キイロビン120」

発売元

株式会社プロスタッフ
※全国の自動車用品店やホームセンターで取り扱っています。

作業方法

作業方法1

作業方法2

本製品は「自動車ガラス専用研磨剤」のため強力ですが、以下の作業方法・使用上のご注意に従っていただく限りは、安全に研磨することができます。

  1. 窓ガラスのキズの原因になるので、清潔なタオル等でガラス面についている砂や泥などを水洗いで充分取り除きます。
  2. 付属のスポンジに少量の水を含ませ、除去剤を約2cm程度付けます。
  3. スポンジを汚れ部分に押し当てて、上下・左右に往復させ約20〜30秒程度拭きます。
  4. 濡れタオルで拭き取ります。
  5. 吸盤やラベル・手あかの跡が完全に消えるまで1〜4の作業を繰り返します。

※良く振ってからご使用ください。
※吸盤跡は円形、ラベル跡は直線をイメージしてクリーニングしてください。

使用上のご注意

  1. 本品は普通ガラス専用の研磨剤ため特殊なガラス(「使用できないガラス」として下記に例示してあるようなガラスなど)、表面処理(曇り止め処理など)がしてあるガラス、表面加工(スリガラスなど)がしてあるガラス、着色ガラス、プラスチック製品には使用しないでください。
  2. 除去剤が乾燥し、キャップが詰まり、液が出ない場合があります。先のとがった工具などを使用して、詰まりを解消させてください。詰まった状態で無理にボトルを押して液を出そうとすると、除去剤が飛散して顔や皮膚、あるいは衣服などに付着することがあります。
  3. ガラス以外(衣類、布製品、革製品、木製品、紙製品、表面の細かいものなど)に付着した場合には、シミになる恐れがあります。研磨剤が付着しないように、あらかじめ遠ざけるか、ビニール等で覆って養生をしてください。
  4. 誤ってガラス以外に付着させてしまった場合には、応急処置として速やかに濡れた布などで拭き取った後、その部分に適したクリーナーを使用してください。
  5. 上記以外に本品に添付している、取扱説明書をよくお読みのうえご使用ください。


使用できないガラス

  1. 熱線反射ガラス
    レフライトレフシャイン
  2. セラミックスプリント熱処理ガラス
    セラシルエ
  3. セルフクリーニングガラス
    クリアテクトレイボーグ光スクールタフライトアクティブ
  4. 表面にフイルムが貼られているガラス
    一例:妙(和紙調フィルムガラス)
    ※詳しくはお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る