熱割れ計算とは

熱割れ現象とは

窓に用いられている板ガラスは、太陽の直射日光による熱により破損する場合があります。これを一般に「熱割れ」現象と呼んでいます。

窓ガラスに直射日光を受けると、日光の照射された部分は暖まり膨張します。一方、周辺のサッシに飲み込まれた部分や日陰になった部分はあまり暖まらず低温のままとなります。この低温部は暖まった高温部の膨張を拘束し、結果としてガラスエッジ周辺部に引張応力が発生します。この応力を「熱応力」と呼び、この熱応力は日光の当たった部分と当たらなかった部分の温度差、すなわちガラス面内(板内)温度差に比例し、ガラスのエッジ強度を越える「熱応力」が発生すると「熱割れ」が起こります。

熱割れ計算とは

熱割れの原因となる「熱応力」の発生には、窓の方位・使用ガラスの品種や構成・日影の状態・カーテンの影響・施工条件などが複雑に影響します。
事前に使用環境の条件を考慮して、発生する「熱応力」を推定することで、「熱割れ」の危険性があるかどうかを検討します。

熱割れ計算を行う

※従来の「科学技術計算サービス」は、2006年12月8日より「ガラス選定シミュレーション」となりました。

ガラス選定シミュレーションログインページへ

ダウンロード

Get Flash Player

ムービーをご覧になるためには、Adobe FLASH PLAYERが必要です。お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のダウンロードページよりインストールしてください。

Adobe Reader

PDFデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のダウンロードページよりインストールしてください。

このページの先頭へ戻る