純粋な「ガラスのタワー」を実現するために-概念・技術の再構築 -泉ガーデン-

フライングアトリウム部(左)と一般部(右)

カーテンウォール
フライングアトリウム部(左)と一般部(右)
photo by Tsukasa Aoki

21世紀に残る純粋な「ガラスのタワーを建てたい」との設計者の想いに応え「できるだけガラスだけで構成する」ために、従来の工法をラディカルに再考した。

既成概念の破壊

すべての部位で同じシステムを繰り返しながら、ガラスが空に消えてゆくようにするためには、フェイスガラスとリブガラスを各層毎に1枚だけにし、上下でつなぐ必要があった。
そこで、カーテンウォール、層間区画、駆体の各要素に分解し、機能別に再構成して、カーテンウォールの原型が提案された。

カーテンウォール金具ディテール

カーテンウォール金具ディテール
photo by Tsukasa Aoki

各要素の再構築

本建物のように外部側にリブがあり、各層が無限に連続してつながる様に表現する為に、従来のリブガラス工法を必要要素に分解し再構築した。

変化するプロトタイプ

リブユニットは、その本質をいっさい変えず、2層吹き抜け部分、フライングアトリウム、住友会館ロビーなど建物各部で様々に変わる用途に合わせて次々に変容しつつ適応している。

見えない部分に凝縮された技術

ガラスが板ガラスらしくシンプルに構成されて見えるために直線のみで構成されたシンプルなエッジとした。

ダウンロード

スペースモジュレーターレポートの冊子を郵送ご希望の方
スペースモジュレーターレポート資料請求フォーム

新しいウィンドウが開きます:Adobe Reader(R)ダウンロードページへ

資料をご覧いただくにはAdobe Reader(R)が必要です。
お持ちでない場合は、左側のAdobe Reader(R)ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズ社のWebサイトよりインストールしてください。

このページの先頭へ戻る