光の中を歩む-キャノピー -NEC玉川ルネッサンスシティ-

キャノピーを正面から見る

キャノピーを正面から見る

キャノピー端部詳細

キャノピー端部詳細
photos by Iwata Hideaki

長さ86m、幅7m(階段部分は幅9.4m)の世界初の鉄骨・ガラス混構造キャノピーは、ガラス屋根をガラス梁が支え、どこまでも続く透明な空間をつくり、光によって来訪者をエントランスに導く象徴的な空間である。
夜間には足下の照明によるライトアップが列柱を演出する。

プレーナー構法によるガラスによる構造は、実大実験を実施して決定されている。
屋根面ガラスには、ストライプ状のタピストリー加工が施され、繊細さとシャープさを演出するとともに、汚れが目立たない仕掛けともなっている。また、清掃時の安全帯用フック掛けをつけるなどの配慮もある。

浜田明彦(日建設計)

キャノピー詳細図(PDF 63KB/1ページ)

ダウンロード

スペースモジュレーターレポートの冊子を郵送ご希望の方
スペースモジュレーターレポート資料請求フォーム

新しいウィンドウが開きます:Adobe Reader(R)ダウンロードページへ

資料をご覧いただくにはAdobe Reader(R)が必要です。
お持ちでない場合は、左側のAdobe Reader(R)ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズ社のWebサイトよりインストールしてください。

このページの先頭へ戻る