景色が透過する-FG構法 -NEC玉川ルネッサンスシティ-

PFG構法外観

PFG構法外観

PFG構法カーテンウォール内部より景色を見る

PFG構法カーテンウォール内部より景色を見る
photos by Iwata Hideaki

基準階の執務室が日常の省エネルギー性を優先して壁・開口部のバランスが取られているのに比して、食堂や会議スペース等の低層階の共用スペースを極力開放的な空間とするために採用されたのが、PFG(Piece Frame Glazing)構法である。

目線の高さの部分にサッシがないため、視線が遮られず外部への眺望が確保されている。躯体との取合い部をすっきりと見せるためのディテールも工夫されている。なお、熱負荷対策として、食堂同様に電動ロールブラインドが取付られている。

PFG構法内観天井取り合い部

PFG構法内観天井取り合い部

PFG構法内観床取り合い部

PFG構法内観床取り合い部

PFG構法使用部詳細図(PDF 66KB/1ページ)

ダウンロード

スペースモジュレーターレポートの冊子を郵送ご希望の方
スペースモジュレーターレポート資料請求フォーム

新しいウィンドウが開きます:Adobe Reader(R)ダウンロードページへ

資料をご覧いただくにはAdobe Reader(R)が必要です。
お持ちでない場合は、左側のAdobe Reader(R)ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズ社のWebサイトよりインストールしてください。

このページの先頭へ戻る