遮るチューブ─チューブの防災計画

5階スラブ面に使われたパイロストップ

5階スラブ面に使われたパイロストップ
photos by Iwata Hideaki

チューブの防災面については、日本建築センターの防災性能評定を受けて旧建築基準法第38条による大臣認定が取得された。

認定にあたっては、各場所について、置かれる可燃物量の算定と考えうる火災や避難の状況を想定し、それに対応できる区画性能をもつチューブとすべく、耐火仕様と使用材を選定した。

各階の設定仕様や使用材料については、下表を参照されたい。

場所 耐火仕様 ガラス仕様
1階:エントランス
オープンスクェア
5・6階:ギャラリー
標準火源No.1(※1)
(火災荷重(※2)5kg以下)
防火ガラス(網入 or 耐熱強化ガラス)
2階:情報レファレンス
情報アクセスコーナー
7階:オフィス等
盛期火災(※3)30分(※4)
(火災荷重26〜28kg)
防火ガラス(網入 or 耐熱強化ガラス)
3・4階:図書館 盛期火災60分
(火災荷重55kg)
60分遮熱防耐火ガラス
避難階段部
(1・2階および5〜7階)
30分遮熱防耐火ガラス
避難階段部(3・4階) 60分遮熱防耐火ガラス
3階床と5階床スラブ部分 遮熱防耐火ガラス

防災関連用語説明

用語 説明
※1 標準火源 「建築物の総合防火設計法」で設定している、用途別に火災初期の状況を勘案した火災の程度。
標準火源No.1とは、通常フラッシュオーバーが起こりにくく、少量の可燃物だけが燃える時を示す。
例えば、3人掛ソファー(51.5kg)程度の物が燃えるような、事務室・集会室等の可燃物量が少ない空間で成立する。
※2 火災荷重 床面積1平米当たりの木材換算可燃物重量
※3 盛期火災 室内火災でフラッシュオーバー以降に室内全体の可燃物が激しく燃える段階の火災。
※4 30分 火災継続時間(室内火災が継続する時間)が30分であることを示す。
ただし、ここでは定量的な解析が可能なJIS-A1304に規定されている温度−時間関係をもつ「標準火災」とみなして換算した数値を用いている

ダウンロード

スペースモジュレーターレポートの冊子を郵送ご希望の方
スペースモジュレーターレポート資料請求フォーム

新しいウィンドウが開きます:Adobe Reader(R)ダウンロードページへ

資料をご覧いただくにはAdobe Reader(R)が必要です。
お持ちでない場合は、左側のAdobe Reader(R)ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズ社のWebサイトよりインストールしてください。

このページの先頭へ戻る