加熱実験

加熱20分後の網入板ガラス非加熱面の温度分布

加熱20分後の網入板ガラス非加熱面の温度分布(最も高い部分は約550℃)

加熱20分後の網入板ガラス

加熱20分後の網入板ガラス(炎がはっきりと見える)

網入板ガラスの加熱実験

実験条件

ガラス種類 網入板ガラス 厚さ10ミリ
サッシ 防火シールによる3連窓サッシ
(縦サッシのみ)
サイズ 1500×2730mm(最大ガラスの大きさ)
加熱温度 建設省告示第2999号別記1による
加熱時間 30分以上

実験結果

規定時間の30分を過ぎて、加熱34分後に目地が開くまで持ちこたえることが、確認された。

しかし、図に示すように非加熱面の表面温度は加熱10分後に400度強にのぼった。可燃物が内部にないチューブの場合は30分区画機能は持っているが、人が避難する場所に用いたり、層間区画に用いることはできない。

加熱20分後の耐熱強化ガラス「パイロクリア」

加熱20分後の耐熱強化ガラス「パイロクリア」

パイロクリアの加熱実験

実験条件

ガラス種類 耐熱強化ガラス「パイロクリア」
厚さ8ミリ
サッシ シリコーンガスケットを用いた6分割サッシ(縦3分割・横2分割)
サイズ 1484×2200mm(最大ガラスの大きさ)
加熱温度 建設省告示第2999号別記1による
加熱時間 30分以上

実験結果

規定時間の30分を過ぎ、45分後に倒壊するまで持ちこたえた。

しかし、網入板ガラスと同様に遮熱性能はないため、非加熱面の表面温度はかなりの高温となった。

ただし、網入板ガラスと同等以上の防耐火性能をもつパイロクリアは、曲げ破壊強度・耐衝撃強度ともに網入板ガラスに比べ格段に高い性能である。

加熱実験時の温度変化グラフ

加熱実験時の温度変化グラフ

パイロストップF30(30分耐火)の加熱実験

実験条件

ガラス種類 遮熱防耐火ガラス「パイロストップ」
厚さ15ミリ
サッシ シリコーンガスケットと防火シールを用いた6分割サッシ(縦3分割・横2分割)。
サイズ 1484×2200mm(最大ガラスの大きさ)
加熱温度 建設省告示第2999号別記1による
加熱時間 30分以上

実験結果

加熱3分後に1層目ケイ酸ソーダ層が発泡を開始し、44分後に最大寸法のガラスが脱落するまで持ちこたえた。

また、加熱30分経過時における非加熱面の温度はガラス部分で123℃・目地部分で最大386℃に留まった。

加熱実験時の温度変化グラフ」

加熱実験時の温度変化グラフ」

加熱60分後時の様子

加熱60分後時の様子

加熱60分後時の非加熱面温度分布

加熱60分後時の非加熱面温度分布(最も高い縦サッシ部分で約250℃)

パイロストップF30(30分耐火)の加熱実験

実験条件

ガラス種類 遮熱防耐火ガラス「パイロストップ」
厚さ21ミリ
サッシ 評定時に検討したディテールによるシリコーンガスケットと防火シールを用いた6分割サッシ(縦3分割・横2分割)。
サイズ 1520×2200mm(最大ガラスの大きさ)
加熱温度 建設省告示第2999号別記1による
加熱時間 60分以上

実験結果

加熱4分後に1層目ケイ酸ソーダ層が発泡開始し、91分後に中央部ガラスが脱落するまで持ちこたえた。

また、加熱60分経過時でも非加熱面ガラス温度は112℃に留まり、シリコーンガスケット非加熱面側は試験終了時でもゴム弾性を残していた。

ダウンロード

スペースモジュレーターレポートの冊子を郵送ご希望の方
スペースモジュレーターレポート資料請求フォーム

新しいウィンドウが開きます:Adobe Reader(R)ダウンロードページへ

資料をご覧いただくにはAdobe Reader(R)が必要です。
お持ちでない場合は、左側のAdobe Reader(R)ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズ社のWebサイトよりインストールしてください。

このページの先頭へ戻る